中華125ccエンジン換装 やっと完成!! STREET CUB 125

中華125ccエンジン 換装

全3ページです。(使用しているパーツはページ最後部まとめてあります。)

なぜ中華エンジンなのか

カブの遠心クラッチに違和感があったので、中古のモンキー等のエンジンに乗せ換えて、マニュアル化しようと考えました。しかしヤフオク等で探したところ、めちゃくちゃ高い、、、にくらべて中華エンジンは新品なのに格安でした。→中華エンジンについて

乗せ換えについて

僕がはフルセットで購入し、ハーネスごと乗せ換えたので非常に簡単でした。ただキボシのオスメスが一部合いませんでした。(笑)

問題点

マフラーの取り付け部分は、ヘッドが大きくなり合わないので要加工です。また、純正ステップはたたき曲げるか、延長するかしないと干渉します。

どちらも100vアーク溶接機で溶接しました。下記しますが、100vは簡単な補修向けのようです。




補足)

  • 溶接で延長したステップは走行10㎞程で折れました。(笑)
  • もったいないからと普段コードは黒一色なのですが、できるだけ純正色を使ったりして、カラフルにするのをお勧めします。今回初めて、配線を間違えてエンジンがかからなくなり焦りました。(笑)

総評

総じて良い買い物でした。この値段でこの太いトルクが得られるなら買いですね。これから慣らし走行を行い、耐久性などレビューしようと思います。

ひと昔前のカスタムカブ

ダートチョッパー

ダートチョッパーをテーマにカスタムしていました。→全塗装完了~完成編~

テレスコ化もしたので、気に入っていました。しかし、ネットでSTREET CUBを発見し、カスタムの方向性が変わりました。

次ページではカスタム部分の紹介



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください