中華125ccエンジン換装 やっと完成!! STREET CUB 125

バーハン化

ポン付けできないバーハンキット

ヤフオクで7000円程で買ったバーハンキットです。このシリーズは全くお勧めできません。ステムと干渉して、ハンドルが取り付けられませんでした。(笑)

対策としてステムとナットをグラインダーで削りました。これで元には戻せません。

こういった形をしているのが多いのは、干渉を避けるためみたいです。

見た目で選ぶと失敗します。注意しましょう。

格安スピードメーター&タコメーター

セットで3000円程で購入できるものです。燃料計・リザーブがないので、トリップメーター付をチョイス。

こちらはバックライトの色が派手なことを除けばパーフェクトです。



太足リム

極太リムで引っ張りタイヤ

フロント・リア共に17-1.85です。組付けは自己流です。→深リムで素人なりに 太足化

これは車格も大きく見え本当にかっこいいので、乗り味は確実に悪くなりますが、お勧めです。

今のところ問題は無さそうですが、慣らし走行後、こちらもレビューしようと思っています。

セッティングについて

フルセットなのでセッティング済み

購入したセットにはキャブレターも付いていて、セッティングされていました。ただ微妙なセッティングはされていないので、まだまだ突き詰める余地はあります。

超ローギアード

フロントスプロケは15丁が付いていて、リアスプロケも付属されていましたが、3穴のモンキー用でした。なのでノーマルの42丁で試しに乗ってみると、ガクガクでした。

そこでフロント15→16丁・リア42→35丁に変更し、ハイギアード化しています。

c105風ヘッドライト

カブカスタムはアウトスタンディング

ヘッドライト周りはアウトスタンディングでレプリカ品を購入し取り付けました。現物合わせで削り、無理やり付けています。

アウトスタンディングでは多くの部品(マフラー・ベトキャリ・リアサス等)を購入しました。ありがとうございます。

次ページ



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください