中華エンジンで約300㎞走ってみてレビュー

中華エンジン

使用しているのは125㏄マニュアルエンジン「152fmi」です。→紹介ページ

購入してからの変更点は、初期オイル交換とカムチェーンテンショナーのブッシュ交換のみです。

レビュー

約300㎞走行しました。とても良いエンジンです。フロント・リアスプロケットを交換し、ハイギアード化しましたが、まだまだ有り余るトルク。(笑)

ちなみにこのメーター、バックライトが死んでいて、代替品を発注しているところです。(やっぱりAmazonの対応は素晴らしいです。)

慣らし走行中で、フルスロットルできませんが、幹線道路で流れに乗れます。ただ、難点は振動が凄いこと、ギアが渋いことです。後者のギアに関しては、当たりが出てくれば改善されるはずです。



オイル交換

300㎞毎のオイル交換が推奨されています。さすがにこの頻度で純正オイルを買うと、高いので安物を買いました。

AZの全合成油です。4Lで2000円しないくらい。

300㎞でもなかなかの汚れ具合。あとマグネット付きのドレンボルトを付けていたのですが、効果てきめんでした。すごいスラッジを集められていました。

ピンぼけが酷い(笑)

ワッシャー太足

こちらも不安要素の一つですが、今のところ緩むこともなく問題無さそうです。→ワッシャーで太足

ただ、スズキ・ボルティーのリムがポン付けでき、さらに太くできるらしいので、変更するかも…

まとめ

安いエンジンですが、割とよく走ってくれています。しっかりオイル管理しておけば長く乗れるのでは…

また次回オイル交換時かトラブルの際にはレビューします。

Amazonリンク

AZ全合成油(10w-40)



 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください