バイク乗りに最適なキーケースを作った。

ライダーにとって最適なキーケースを考えてみました。

一番のポイントは一本一本取り出せることです。なぜならキーケースについたままだと、トップブリッジに傷がついてしまいます。さらにハンドルを切った際に挟むかもしれないし、外れて他の鍵を落としてしまうかもしれないです。
なので、私は今までカラビナに金具を使って取り付けていました。(これはこれで便利。)

使っていた金具(Amazonで見る)

これの難点は、歩くとジャラジャラすることです。また駐車場などで車に傷をつけてしまいそうで気を使うことです。
あと個人的な感想として子供っぽいような気がします。

市販のキーケースだと取り外しが出来なかったり、本数が少ない等、理想のモノが見つかりませんでした。



差し込み式キーケース

こんなの作りました。
どうですか。斬新だと思いませんか。

一本一本差し込んであるだけです。鍵のアタマの部分が表と裏で対になっていています。

初めて本格的なモノを作ったので、革の厚みを考えるのを忘れたり、目打ちの位置を間違えたりしました。
ですが、思ったように使えるので気に入っています。

上手くなったら販売もしてみたいと思っています。((笑))

革は協伸オンラインストアで購入しました。
オイルヌメの1.2mmと1.5mmを使用しました。

ばねスナップはAmazonで購入しました。セットで1000円と安く買えました。
ただケースの中でぐちゃぐちゃになっていたので、仕分ける必要がありました。(これが初心者には辛かったです。)

ばねスナップセット

P.S.

サイレント菱目打ちを導入しました。(Amazonで2000円くらい。)

使える場所が構造の都合で限られますが、便利です。夜でも目打ちができます。



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください