【スーパーカブ】溶接なしでサブフレーム追加

スーパーカブ50カスタムを中古で購入し、今までテレスコ化(Jazz流用)、前後フェンダーレス、レッグシールドを外したりしてチョッパースタイルにカスタム。

しかし、フレームが一本で弱々しく、Jazzのフロントに合っていない。そこでサブフレームを追加することを思い付いた。

サブフレーム追加はカブの定番カスタムだが、ほとんど溶接や、専用のボルトオンキットを用いたものばかり。どちらも予算的にも技術的にも難しい。こうなるとワンオフパーツの自作しかない。自作魂に火が付いた。
とりあえず家にあったパイプを適当にカットし、車体に合わせてみる。どうやらカットする角度を間違えた。ゴム板でも挟むので問題なし。(笑)
タンク側はシートヒンジで挟んで固定。シートはこの機会に新調します。
問題はフロント側をどう固定するか。ここで一番頭を使った。
 ヘンテコステー(笑)
何故か気に入らない。ここで思う。フレームを再塗装する予定なので、ついでに、フレームのデザインからやり直そう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください