【メモ】最低限の準備

  1. まずコース図を試験場の売店や、近くのショップで購入する。
  2. 試験場コースの信号機が消灯している時間帯を利用して、走行順路を歩いて覚える。
  3. コースを歩くとき、走行順路に従って横断歩道、障害物、信号機、踏切等の安全確認の方法を考え、身に着けておく。(コース図をコピーして書き込むと覚えやすい。)
  4. 必要なものを準備する。

  • ヘルメット(フルフェイスが望ましい)
  • 長袖長ズボン
  • 手袋(ライディンググローブ)
  • 雨ガッパ(雨天)
半袖半パン半キャプでは試験を受けさせてもらえないので注意。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください