【スーパーカブ】エンジン抱きつき?焼き付き?

フレーム全塗装が終わり、足回り、エンジンを組み立てました。(台風21号の大雨の中頑張った。笑)

電装をチェックしたところで昨日は作業終了。。。

そして今朝作業再開。キーがささったままのカブ発見。さらにキーONのまま、バッテリー上がりです。(たぶんニュートラルランプが点かなかったので…)

バッテリーを充電しようとエンジンをかけテキトーにふかしてました。すると『ガチャン』と異音がしてエンスト。その後キックも降りなかったり軽かったりで、これは抱きつきっぽい。(今まで抱きつきも焼き付きも経験なし)

そこでネットで調べても理解できず、知恵袋に質問しました。

答えは焼き付きかギアが噛んでいて、クランクケースを割らないといけないらしくバイク屋に持っていくしかないと…

あきらめない僕は焼き付きを確認したく腰上を分解することにしました。そしてエンジンの左カバーを外してフライホイールのマークを見ようとすると……原因を発見。セルとフライホイールをつなぐチェーンが外れて噛んでいました。ちゃちゃっと直します。

完了。エンジンも好調です。ほんとに焼き付かなく良かったです。あとカブのバッテリーは走ってもアイドリングさせても充電されにくいらしいです。嗚呼、充電器も買わないと。それか充電してくれるお店探します。

手がオイルなんかでドロドロだったので写真はありません。ごめんなさい。完成の写真を楽しみにしていてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください