高回転まで回る 4気筒 の 250㏄ 絶版バイク比較

今250㏄4気筒が熱い

排ガス規制の強化によって絶版になってしまった250㏄4気筒。高回転まで回るレーシーなエンジン特性とそのサウンドから今でも人気がある。

中型免許を取ったので初めてのバイクを買うにあたって、250㏄でそこそこ走るネイキッドを探していて見つけた250㏄4気筒。YouTubeで検索して音を聞いて思いました。「これ欲しい」

そこで今は無き250㏄4気筒について調べてまとめました。(ネイキッドのみ)

4気筒250㏄のメリット

高回転まで吹き上がるエンジン

F1のような甲高い排気音

400相手でもそこそこ走る

4気筒250ccのデメリット

単気筒や2気筒に比べて燃費が悪い

部品点数が多くなり壊れやすい

中古車しかなく状態の良いものは高額


メーカー別ラインナップ

HONDA

ホーネット250

日本語でスズメバチを意味するホーネット。タンクはスズメバチをイメージした張り出たデザイン。cbr900と同じサイズの大型リアタイヤ。カムギアトレーンによる甲高いサウンド。250㏄4気筒の中でも最高傑作。先述したように大柄な車格ながら乾燥重量149㎏と非常に軽く取り回しも楽そう。

第一候補はホーネットでしたが、価格が高すぎて手が出ないのと、こけたら絶対へこむタンクなので1台目にはもったいない気がします。

ジェイド250

上記のホーネットの前身にあたるジェイド。本田宗一郎が失敗作とした唯一のバイクらしいです。(笑)エンジンはホーネットと同じカムギアトレーンを採用。リアタイヤが普通のサイズなのでタイヤ代が安いです。(ホーネットはタイヤ代が大型並)

故障も多いらしく、古いバイクなので消耗品など不安がありますが、価格は抑えられていて割と安く乗れそうです。廉価版ホーネットとしておきます。

YAMAHA

ジール250

日本語ではイルカを意味するジール。イルカが飛び跳ねるような高いデザイン性で、さすがYAMAHAといった感じです。フロントのデザインは凝っていて、かっこいいと思います。テールはちょっと垂れているのが残念。小物入れがタンクについていたりネタとしては面白いバイク。他の250㏄4気筒と比べて比較的割安です。デザインが気に入れば買いです。


KAWASAKI

バリオス250

250㏄4気筒でホーネットと同じくらい有名なバリオス。確か神話に出てくる馬の名前が付いています。癖もなく、足つきも良いらしいので乗りやすそう。Ⅰ型とⅡ型があるのですが、Ⅰ型は古いのですがリアモノショックで、Ⅱ型になるとツインサスになっています。デザイン性ではⅠ型が好みです。ただ族車仕様など、荒く乗られていたものも多く状態の良いものは少ないです。

SUZUKI

バンディット250

大本命『SUZUKI バンディット250』です。このダイヤモンドフレームに惹かれました。バンディットは日本語で山賊を意味します。こちらも前期型、後期型があり、タンクのエンブレムが異なります。またバンディット250Vという、可変バルブタイミング、HONDAで言うhyper-Vtecがついていてエンジンヘッドが赤いモデルがあります。可変バルブタイミングの意味はよく分かりませんが、かっこいいと思いました。買うならこれです。ただ燃費が悪いそうです。